田辺三菱製薬Medical View Point 医療関係者向け情報

印刷

HOME の中の 製品情報 の中のテネリア

薬価と各種コード

販売名テネリア錠20mg/100錠(10錠×10)テネリア錠20mg/500錠(10錠×50)テネリア錠20mg/140錠(14錠×10)テネリア錠20mg/500錠(バラ)
薬効分類名選択的DPP-4阻害剤選択的DPP-4阻害剤選択的DPP-4阻害剤選択的DPP-4阻害剤
成分名テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物
有効期間(使用期限)(3年)(3年)(3年)(3年)
薬価186.80/20mg1錠186.80/20mg1錠186.80/20mg1錠186.80/20mg1錠
薬価基準収載
医薬品コード
3969015F10293969015F10293969015F10293969015F1029
識別コードTA117TA117TA117TA117
統一商品コード128-26694-4128-03048-4128-15923-9128-17307-5
JANコード4987128266944498712803048449871281592394987128173075
HOTコード1218268010101121826801010212182680102011218268010301
レセプト電算コード
(統一名レセプトコード)
622182601622182601622182601622182601
YJコード3969015F10293969015F10293969015F10293969015F1029
薬効分類番号873969873969873969873969
調剤包装単位コード04987128191871049871281918710498712807349804987128268818
販売包装単位コード14987128266941149871280304811498712815923614987128173072
元梱包装単位コード24987128266948249871280304882498712815923324987128173079

添付文書

製品名 作成又は
改訂年月
HTML版 PDF版
テネリア錠20mg 2013年12月 HTML PDF

お知らせ(適正使用情報ほか)

No. 発行年月 内容(PDF形式)
1. 2013年12月 【添付文書改訂のお知らせ】(458KB)

インタビューフォーム

製品名 作成又は
改訂年月
PDF版
テネリア錠20mg 2013年12月(第5版) テネリア錠20mgのインタビューフォーム PDFファイル(1545KB)

くすりのしおり

製品名 作成又は
改訂年月
HTML版 PDF版
(音声コード付)
Word版 英語版
テネリア錠20mg 2014年1月 HTML PDF WORD WORD ENGLISH

患者向医薬品ガイド

製品名 作成又は
改訂年月
患者向医薬品ガイド
テネリア錠20mg 2014年1月 テネリア 患者向け医薬品ガイド

患者用資材

表紙 タイトル 内容 ダウン
ロード
テネリア錠を服用される方へ(小冊子) テネリアの作用機序・食後高血糖・服用方法や服薬時の注意などをわかりやく紹介した小冊子です。テネリアの服用をしていても食事、運動療法の継続性の大切さを紹介しています。テネリア処方元や納入薬局での適正使用推進のための服薬指導資材としてご活用ください。 テネリア錠を服用される方へ(小冊子)のPDFファイル
(437KB)
テネリア錠を服用される方へ(服薬指導箋) テネリアの服用方法や服薬時の注意点、副作用について紹介した服薬指導箋です。テネリア処方元や納入薬局で薬袋への同封など適正使用推進のための服薬指導としてご活用ください。 テネリア錠を服用される方へ(服薬指導箋)のPDFファイル
(296KB)
食習慣に気をつけていますか?~食事と血糖の関係~(小冊子) 患者さん自身が待合室で食習慣を簡単にチェックし、医師が診察時に確認することができます。一日の血糖をコントロールすることの重要性をわかりやすく解説しています。「患者指導箋用ボックス」もご用意しておりますのでご活用ください。 食習慣に気をつけていますか?~食事と血糖の関係~(小冊子)のPDFファイル
(1,090KB)
食事時間チェックカード 医師と患者さんとの問のコミュニケーションツールです。食後高血糖に配慮した治療に注意を促すとともに糖尿病患者さんに一週間の食事時間、そのタイミングなどを記録してその問題点を共有するツールとしてご活用ください。 食事時間チェックカードのPDFファイル
(409KB)

このページのトップへ

© Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation.